2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








少しずつ年をとっているんだね 

昨日、帰宅してもりおが迎えに出てこなくて、私が部屋に入って荷物を置いても動かなくて、
観察してたら呼吸してないように見えたから恐る恐る声をかけたら、
「ん?」とわずかに目を開けて、もっと声をかけたら「あれ?」と私の存在に気づいた。
こんなこと、今までなかったからビックリしてしまった。

若い時に比べて、特に12歳の誕生日に目が見えなくなってからは、玄関まで出迎えにくることはなくなっていた。
それでも、恐らく玄関の鍵やドアを開ける音で起きるのだろう。私が部屋に入ると、いつも体は起こしていた。
それなのに…。

スヤスヤと眠っていたようだけど、単に深い眠りに入っていた瞬間だったのか、それとも耳が遠くなったのか。

「耳が遠くなったのかも」というのが最初に頭に思い浮かんだことで、切なくなって一瞬だけ涙が出た。

あとから、「もしかしたら気候が良いし気持ちよく寝入ってただけかな?」と思ってみたりしたけど、
ムリがあるよね。だって犬だもの。
耳もいいし、飼い主が帰宅するのを心待ちにしている。はず。

昨日のりおは、私に気づくと「なぜそばにいるの?」と驚いていたけど、その驚きはすぐ喜びに変わったようだった。
お尻をふりふり、「ママ、そこにいるのね」と近づいて私に体をこすりつけた。
かわいいかわいいりお

そうか、もうやっぱり年なんだね。
若くないんだ。私が願うほどには若くないんだね。

そのことを最近少し、また少しと、何か今までと違うりおの様子を見ながら、感じている。

昨日は、実はちょっと寄った本屋で変な本に出会っていた。
「おやすみ、リリー」という老犬を看取る本だった。だからかな?動かないりおを見て不安になったのは。

そばにずっといて欲しいけど、私が先に死んでしまったら、彼女を看取る人がいなくなるものね。
彼女を置いて死ぬよりは、彼女が死ぬまで私がそばにいて、愛してあげたいものね。

犬と暮らすということは、いつか必ず最期が来て、その猛烈な哀しみを乗り越えないといけないということ。

愛犬の新太郎が死んだ時、それを死ぬほど実感し、何年も悲しみ続けた。
やっと最近、思い出してもすぐ泣くということはなくなった。

今年14歳になるりお
医者は「15歳までは生きるから」などと、なぜか15歳で区切ってしまう。
もうあとわずかってことじゃないか。やめてくれよ。
そう思ったけど、最近こうやって反応が少しずつ悪くなり、眠る時間が多くなるりおを見ると
いずれ覚悟せねばならない時が来るな…それが思いも寄らぬぐらい近いかもしれない、と
思ってしまう。

ああ・・・でもどうか、長生きしてね。りお
かわいいかわいいりお


スポンサーサイト
[ 2017/06/06 20:16 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)

氷艶2017 破沙羅 

今日は何年ぶりなのか、代々木国立第一体育館へ行き、
歌舞伎とスケートのショー「氷艶2017 破沙羅」を観てきました。

一番の目的はリンク上のフィギュアスケーターを生で見ることでした。
伊藤みどりの頃からフィギュアをTVで観てきて、
一度もリンクで見たことがなく、いずれ一度は…と思っていました。
高橋大輔が競技者だったころの演技が大好きでした。
でも一度も観に行くことはなかった。

今回は、歌舞伎とスケートの融合という新たな試みで
出場するフィギュアスケーターも
高橋大輔、鈴木明子、村上佳菜子、織田信成など
私がずっと見てみたかった人達だったので行くしかない!と。

ですが衣装も歌舞伎とフィギュアの融合なので、
重たい衣装ではスケーターは競技のように
ジャンプどんどんやるということはできない。
今回はそういう技を見せるというよりは
歌舞伎役者だけではなくフィギュアスケーター、
和太鼓のDRUM TAOやプロジェクションマッピングのteam Labなど
最高の能力を集めて歌舞伎の新しい面白さを
氷上で表現したといったタイプのものでした。

技はともかく、私に一番の目的は達成され、
衣装の美しさとあでやかさも相まって
高橋大輔や村上佳菜子が出てきた時は感動で泣きそうでした。
村上佳菜子ちゃんはとってもかわいかった。

ですがやはり歌舞伎の世界。
染五郎さん率いる悪の軍団の方が衣装が派手で大きいので
高橋大輔率いる善のチームと向かい合った時に
善の方が微妙に負けていた気が・・・(笑)
話はもちろん善が勝ちます。

今回は作った方々が「絶対にお客さんに楽しんでもらおう」と
情熱を傾けたのが伝わってくるショーでした。

宙を舞い、隠しワザがあったり(それはここでは書けませんが)
お客さんを笑わせたり驚かせたり、そんな今回のショーを観ていて
昔一度だけ友達と歌舞伎を観に行った時のことを思い出しました。

個人的には岩長姫を演じた笑也さんのファンになりました。
いつの間にか高橋大輔より笑也さんの登場が待ち遠しくなってました。
素晴らしい演技力というか魅力でした。

でもね、高橋大輔も相当歌舞伎の踊りを練習したのでしょうね。
それはそれは見事な動きで宴会の席で踊って見せました。
本当にさすがだなぁ…。

DRUM TAOも最高の太鼓を聞かせてくれて
迫力とカッコよさに感動。衣装もステキでした。

忍者はスケートと合うな、と思いました。
あのスピードで動く感じ、映画の中の忍者並みで
カッコよかったです。

いろいろ新しいものを見せてもらったショーですごく満足でした。

ただ、アリーナ席の段差をもう少し付けて欲しい。
前の人の頭がやっぱり邪魔。
そして椅子が安っぽ過ぎてお尻が痛い。
入ったらあまりおいしくなさそうなフードスタンドがあるのみ。

いちおうアリーナ席の人はそれなりの代金を払っているので、
そういったところも少しは気を使ってくれればいいのにと思いました。

そうだ、反省点は服装。
今度もしアイスショーを観に行くことがあれば少し厚着をしていきます!
30分の休憩で一旦出口近くに行って日向ぼっこしてました…。
[ 2017/05/20 22:11 ] Chiharuの興味 | トラックバック(-) | CM(0)

久々ネイル 

ひさーしぶりにネイルをキレイにしました。
なので写真を載せます。
IMG_1996.jpg
薬指だけ青のような紫のようなベースに花が描かれています。他はピンクベージュがベース。
そして親指は…
IMG_1999.jpg
初めて3Dというやつを体験。
薄い花びらのようにベースのピンクベージュが透けているのが魅力。
本当に美しく仕上がりました。
満足です!
[ 2017/05/17 23:05 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

好きな人からの贈り物 

自分でタイトルを書きながら、これは誤解されるな、と思った。
好きな人と言っても恋愛云々ではない。
仕事で知り合った方で、非常に仕事もできて
私が唯一今の会社で尊敬する女性だ。
そして、私のために一生懸命動いてくれた人でもある。
だから私は彼女にずっと感謝し続けている。
これからもずっとだ。

しかし残念なことに彼女は違う部署の方で、
しばらく私が出したメールに返信がなかった理由が
彼女の入院だとは、私は全然知らなかった。

それを知ったのはだいぶ後になってからだけど、
大切な方なのでお見舞いを送った。
それは、本当に自分でそうしたいと思ったからで、
タイミングとしては遅かったものの、
やはり思い立ったからには送りたいと思った。

そしたら彼女からお礼が届いた。
気を使わせてしまって申し訳なかった。
でも彼女からのお届け物は嬉しかった。
本当は嬉しくてここに写真を載せようかと思ったが
やはり感謝の気持ちだけここに書いて、写真はやめることにする。

こういう方に出会えてよかった。
[ 2017/05/04 19:50 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

ディズニー・アート展 

今日は朝から気合を入れて9時半にお台場に着くように家を出ました。
日本科学未来館なんて、初めて行きました。
ディズニー・アート展です。
IMG_1971.jpg


ディズニーの手書きのストーリースケッチや背景画など
本当に見ていて心が躍るようでした。
残念ながら、デジタル画になってきたあたりからは、
徐々に味気なくなりました。

ちょうど明日実写版を観に行く予定の「美女と野獣」や「ライオンキング」あたりは
手書きとCGのバランスが良くて、CGに手伝ってもらっている感じがあるのですが、
「塔の上のラプンツェル」あたりからはもうデジタル画でCG三昧。

「ラプンツェル」は嫌いじゃないし、むしろ好きな方なのです。
特にあのボートの上でランタンに囲まれているシーンなんて
夢か幻かというぐらい美しい。
でも、原画を見に行った立場からすると、
デジタル画からはさほど「すごーい」という感動は得られませんでした。

物理を使った質感や重量、風を受けた時のパーティクルの動きなどは
さすが最先端技術を使ったアニメだなぁと思いましたが、
「バンビ」で雪の中からウサギが飛び出す様子だって十分よくできてる。

ディズニーのキャラクターは途中から相当変わりましたよね。
「美女と野獣」のベルや「アラジン」のジャスミンと比べると
ラプンツェルやアナ、エルサはやたら目が大きくて顔も丸い。
それがいい、という見方もあるし、私もそれはそれでかわいいと思う。
でも、「眠りの森の美女」のオーロラ姫もやっぱり美しいのです。
まぁ、時代は移り変わる。絵も移り変わる。

話が少しそれましたが、ディズニーの絵を支える人々の情熱は
すごく感じられましたし、感動のあまり案の定、アート展のショップで
散財してしまいました。
IMG_1975.jpg
これは今回展示されていたアートの数々を載せているブックですが、
裏表紙は2種類ありました。「リトル・マーメイド」と「美女と野獣」です。
私は今年、実写版が上映されるのを勝手に記念して「美女と野獣」を選びました。
IMG_1976.jpg
作品自体沢山あったからか、本の厚さは2.5cmとかなりのものです。
また、絵を描きたくなりました。
[ 2017/05/02 22:55 ] Chiharuの興味 | トラックバック(-) | CM(0)