2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








少しずつ年をとっているんだね 

昨日、帰宅してもりおが迎えに出てこなくて、私が部屋に入って荷物を置いても動かなくて、
観察してたら呼吸してないように見えたから恐る恐る声をかけたら、
「ん?」とわずかに目を開けて、もっと声をかけたら「あれ?」と私の存在に気づいた。
こんなこと、今までなかったからビックリしてしまった。

若い時に比べて、特に12歳の誕生日に目が見えなくなってからは、玄関まで出迎えにくることはなくなっていた。
それでも、恐らく玄関の鍵やドアを開ける音で起きるのだろう。私が部屋に入ると、いつも体は起こしていた。
それなのに…。

スヤスヤと眠っていたようだけど、単に深い眠りに入っていた瞬間だったのか、それとも耳が遠くなったのか。

「耳が遠くなったのかも」というのが最初に頭に思い浮かんだことで、切なくなって一瞬だけ涙が出た。

あとから、「もしかしたら気候が良いし気持ちよく寝入ってただけかな?」と思ってみたりしたけど、
ムリがあるよね。だって犬だもの。
耳もいいし、飼い主が帰宅するのを心待ちにしている。はず。

昨日のりおは、私に気づくと「なぜそばにいるの?」と驚いていたけど、その驚きはすぐ喜びに変わったようだった。
お尻をふりふり、「ママ、そこにいるのね」と近づいて私に体をこすりつけた。
かわいいかわいいりお

そうか、もうやっぱり年なんだね。
若くないんだ。私が願うほどには若くないんだね。

そのことを最近少し、また少しと、何か今までと違うりおの様子を見ながら、感じている。

昨日は、実はちょっと寄った本屋で変な本に出会っていた。
「おやすみ、リリー」という老犬を看取る本だった。だからかな?動かないりおを見て不安になったのは。

そばにずっといて欲しいけど、私が先に死んでしまったら、彼女を看取る人がいなくなるものね。
彼女を置いて死ぬよりは、彼女が死ぬまで私がそばにいて、愛してあげたいものね。

犬と暮らすということは、いつか必ず最期が来て、その猛烈な哀しみを乗り越えないといけないということ。

愛犬の新太郎が死んだ時、それを死ぬほど実感し、何年も悲しみ続けた。
やっと最近、思い出してもすぐ泣くということはなくなった。

今年14歳になるりお
医者は「15歳までは生きるから」などと、なぜか15歳で区切ってしまう。
もうあとわずかってことじゃないか。やめてくれよ。
そう思ったけど、最近こうやって反応が少しずつ悪くなり、眠る時間が多くなるりおを見ると
いずれ覚悟せねばならない時が来るな…それが思いも寄らぬぐらい近いかもしれない、と
思ってしまう。

ああ・・・でもどうか、長生きしてね。りお
かわいいかわいいりお


スポンサーサイト
[ 2017/06/06 20:16 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)

赤ちゃんの時の行動が戻ってきた 

[ 2017/02/18 20:10 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)

A Dog's Purpose 

今日、"Me Before You"という本を読んだ。
jojo.png

この本は予想以上に面白くて
寝なきゃいけないのについ読んでしまう
なかなかのpage turnerだった。

さて、次に同時に買ったもう一冊を読もうと手にした。
"A Dog's Purpose"だ。
dogs purpose

家にこよなく愛する犬がいるからこそ
この本は買おうか買うまいか悩んだ。
絶対泣かされる気がしたからだ。

案の定、表紙をめくって冒頭、まだ話が始まる前の
紹介のページに載っていた文言を見ただけで
涙が出てきた。

"All dogs go to heaven... unless they have unfinished business here on Earth."

やめてよ!泣かせないでよ!と思った。
りおが現在13歳と4カ月。
10年近く前にあの世へ逝ってしまった愛犬のことがあるので
私はおびえている。

この世にまだやり残していることがあるうちは
りおは私のそばにいてくれるだろうか。

あああ、1ページ目でこれじゃ、この先がまずい。
電車の中で読もうと思って買ってるのに、
今日読み終わった"Me Before You"だって
そうとう泣きそうで困った。
でも、きっとこの本は泣きそうじゃすまない気がする。

少し家で読んで大丈夫そうだったら持ち歩こう。
ダメそうなら家で読もう。

でも、どうやら同じ犬が何回か生まれ変わる話みたいなので
面白いかもしれない。
[ 2017/01/19 20:49 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)

あこがれの生き物 

子供の頃から犬と暮らしたいとは思っていて、
その夢が大人になってかなった。
でも大人になるまでに、家に迎えて一緒に暮らしたいと思った動物は、
犬だけではありませんでした。他にもいっぱいいた。

憧れた動物たちの中で、今までに実際に一緒に暮らした動物は以下の通り。

インコ (マンション暮らしで犬はダメだけど鳥ならいいと言われた)

ウサギ
モルモット


憧れた・・・なのでザリガニとかコイとか、そういうのは入りません。
それはともかく。

あこがれた動物の中に、フクロウがいたことを今日思い出した。
インドネシアで暮らしていた時、エレクトーンの先生の家に、
なんともかわいい黒目がちなフクロウがいた。それがきっかけ。

なぜそれを今日、思い出したかというと、
九州で子供がフクロウを拾ったという記事をネットで読んだから。

婦警さんになでられている黒目がちなフクロウの写真を見て、
あああああ、フクロウも家にお迎えしたかったんだ…とね。

しかし、私に猛禽類は無理だとわかったのであきらめます。
彼らがおいしいと思う食事を与えられない。
すなわち、ラットなどの哺乳類。

飼い方をググると、なかなか恐ろしいことが書いてある。
要らない部分を取り除かなくてはならない。
つまりラットなどをさばく必要があるというのだ。
さばいた後のものも売っているというが、いずれにせよ
臭いは相当なもののはずだし、残酷な状態であることは間違いない。

インターナショナルスクールで生物の授業を取っていた時、
私は初めてラットを解剖した。
あれは、中学時代に行ったカエルの解剖の比ではなかった。

猛禽類が健康に生きるために必要なことができないなら
飼うべきではない。それが私のルールだ。
どうも、それができないくせに欲しいからと飼ってしまい、
栄養失調にさせて死なせてしまう人もいるらしい。

これは犬猫も同様で、育て方をろくに考えもせずに
「かわいーい」というミーハーな考えのもとに飼ってしまい、
栄養失調で弱ったら「この子は大人しい」などと
すっとぼけたことを抜かす人達に似ている。

人間同様、健康に生きるためには必要な栄養を与えること、
そして運動も大事なのだった。
フクロウもストレスがたまらないように飼わなければならないという。
そうでしょうねぇ。

さあ、どうする?
彼らは飛ぶので、鷹匠の鷹ように訓練して戻ってくるならまだしも、
戻らない確率のほうが断然高い。
家の中で遊ばせるという手もあろうけど、なんだかフクロウが不幸だ。

結局のところ、日本で売られているフクロウは、
よほど環境が整った田舎の人がよく勉強して飼ってくれない限り不幸である。
ということがわかったので、私はあきらめている。

かわいいな…という憧れと共に、かわいいからこそ
自然の中で幸せに生きてほしいという気持ちがあるので、
憧れのままにしておくことにする。
いや、むろんラットをさばけない時点でアウトだけどね。
不思議だよね。
自分が食べる豚や牛はパックに入っている状態で見ても平気なのに、
パック詰めのラットは無理なのだ。無理。

かわいいフクロウ。永遠のあこがれ。

[ 2016/12/15 19:28 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)

夏 近づく 

りおがクッションや毛布の上ではなく、直接じゅうたんや床に
寝転がるようになった。

そうなってくると「あ、暑いんだな」とわかる。
バロメータです。

6月中旬だけど、もう夏の夜みたい。
確かに蒸して今夜は若干暑いもんね。

ぽてちん と寝てるりおを見ていたら
微笑んでしまう。

夏が来た。
[ 2016/06/20 19:56 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)