2010 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 08








Notting Hill *.:・゚ノッティングヒルの恋人*.:・゚*゚  



ノッティングヒルの恋人 』(1999年)を最近毎日のように観ている。

なんでいまさら、と言われても、事情があるのだった。

ところで、そうやって毎日観ていても毎日楽しめるということに気づいた。

この映画は改めて、本当に面白い映画だったのだ、と思う。

会話はウィットに富んでいておしゃれで面白いし

舞台もまたとてもおしゃれだ。

Notting_Hill_002.jpg

ジュリア=ロバーツヒュー=グラント を毎日観ていたら

この人たち今はどうしているのだろうか、と思った。

だって、この映画が1999年ってことは、ふたりとも割と年齢を重ねているでしょうから。

2010年公開映画として、ジュリア=ロバーツ は、『 バレンタインデー 』に出ていたようだし

ヒュー=グラント は『 噂のモーガン夫妻 』に出ていたみたいね。

どちらも実は観ていませんが。。。

年老いて消えていく俳優が多い中、おふたりともがんばっていますねぇ。

で、『 ノッティングヒルの恋人 』に話を戻しましょう。
Notting_Hill_003.jpg

この映画を観ていると、ある友人のことを思い出します。

特に ヒュー=グラント を観ているとその友人との思い出がよみがえる。

友人のところに私が1ヶ月滞在させてもらっていたとき、

二人で『 ノッティングヒルの恋人 』を観たのです。

そのとき彼女がどこを面白がったか、私はすごくよく覚えていて、

映画を観ながらそのシーンがくると、自動的に彼女の言動までリプレイされます。

Notting_Hill_004.jpg

Notting_Hill_005.jpg
アナが告白するシーンはよかったですね。

Don't forget. I'm also just a girl, standing in front of a boy, asking him to love her.

この台詞と、素朴なアナの青いスカートが効いている。




それから、もうひとつ彼女と観た ヒュー=グラント の映画に

モーリス 』(1987)というのがあります。

これは同性愛の映画だったんですが、これもまた彼女が

「夜這いだ、夜這いしてるよ」と面白そうに私に言ったのを覚えています。

そうして、あれからこんなにも時間が流れて

彼女は彼女の人生を、私は私の人生を歩んでいて、

もうまったく会えませんが

それでもやはり懐かしくて仕方がなくなります。

モーリス 』、借りられるときがきたら

借りてもう一度観てみようかなぁ、なんて思いながら

ノッティングヒルの恋人 』を観ているのです。
スポンサーサイト
[ 2010/07/29 00:00 ] 映画の話 | トラックバック(-) | CM(0)

范 冰冰 ファンビンビン 

今回ご紹介の美女、それは中国人女性。范 冰冰(ファンビンビン)

1981年9月16日生まれ。中国山東省青島市出身だとか。

最近「きれいだな」と思った台湾女優に リンチーリン がいますし、

他にもアジアンビューティーはやまほどいるんだけれど、

何が違うのかわかりませんが、

范 冰冰(ファンビンビン) は 絶世の域に入っていると思います。



fanbinbin001.jpg

ほとんどノーメイクでこの美しさ。
fanbinbin008.jpg

そういう女性がメイクをすると・・・

fanbinbin003.jpg
美女過ぎる!

fanbinbin004.jpg

fanbinbin005.jpg

もう、どんなもんだ!?てなもんですね。

かわいらしい上にセクシーにもなる。化けるんですね~、彼女は。

fanbinbin002.jpg

世界の三大美女といえば、

クレオパトラ、楊貴妃、ヘレナ(日本ではヘレナの代わりに小野小町が入りますね)

で、楊貴妃をやるならこの人以外にはいないだろう、と思うわけだが、

案の定、もう彼女が演じていたようですね ↓。

楊貴妃

美女は歴史を変えるというが、范 冰冰(ファンビンビン)、この女性なら

きっと歴史は変わるな。男は狂わされるよ。絶対。

というわけで、今回の chiharu にとっての 絶世の美女は 范 冰冰(ファンビンビン) でした。

皆さんにとってはいかがかしら?
[ 2010/07/25 00:00 ] Celestial Beauty | トラックバック(-) | CM(0)

・'゚☆。.::・'゚★。.::1周年記念・'゚☆。.::・'゚★。.:: 

じゃーーん♪ヽ(o゚∀゚o)ノ
CIMG5592.jpg

今日は、今住む家に引っ越してきてちょうど 1年目。

・'゚☆。.::・'゚★。.:: 1 周年記念・'゚☆。.::・'゚★。.::

なので、りお も今日はご馳走なの。

オージーの牛ステーキ入りです♪

20100718今日は新居に引っ越して1周年記念ご馳走です

りお がいてくれてこそ、この家に引っ越すまでの

長~い長い険しい道のりを乗り越えられたんだもの。

ありがとうね、りお (人゚∀゚*)

これからも、このおうちで幸せに暮らしましょうね (´゚∀゚`)♪♪






[ 2010/07/18 18:52 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

Desperately hungry for Chocolate Mint Ice Cream ! 

チョコレートミントアイスクリーム
近所にない!!!


売ってないの・・・(´;Д;`) 近所のどこにもないよう。

ファミ○ーマート、セブン○レブン、イトー○ーカドー、ス○ーエフ、ロー○ン

あらゆるコンビニや店を歩き回り、近所の名も無きスーパーにも行ったけど

どこにもないの。

チョコレートミントアイス・・・

mintice.jpg

食べるためには横浜まで出て、サーティー○ンとかに行かないと。。。

別にサーティー○ンとかコールドストー○とか

そんな高くて豪華なのじゃなくていいから、

普通にスーパー○ップのやつとか、そういうのでいいから食べたいのに、

一切売ってないんだよ~!!!

。゚(´pω・`)゚。・・・信じられない。 どこへ行ってしまったの?

そんなに誰も必要としていないの?ミントチョコ。

私だけ?こんなに欲しがっているのは??

横浜の私が住むこの場所では、市民権を得ていないのね。

残念だわー。あああ、チョコレートミントアイスよ。。

でも、いきなりだけど、チョコレートミントアイスって

どうしてこんな色してるんだろうね?(´・д`・ )

そして商品によって青かったり緑っぽかったりするのはなぜ?

不思議。。。もしや添加物そのものだからなの?

添加物で青や緑なんだったらイヤだけど、

それでもやっぱ食べたいんだよう。(´д`)

頼むから、近くのコンビニに

チョコレートミントアイスを置いてくれー。

この夏最初の叫びでした。


[ 2010/07/14 18:37 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

プリンス・オブ・ペルシャ PRINCE OF PERSIA: THE SANDS OF TIME  

pop002.jpg

この写真を見たとき、心はほぼ「観る」と決まった。

でも我が家の一番近くの映画館では夜7時半からの1回のみ上映。

『プリンス・オブ・ペルシャ』、確かにそれほどテレビで宣伝もしてないし

実はそれほど面白くないのか?と自分の勘を疑いそうになったけど、

なぜかやはり気になる!

失業中なので、交通費から映画代までとにかく節約中だ。

失敗したら非常に痛い。

でもなんだかやはりどうしても観たかったので、思い切って観にいった。

pop005.jpg
この俳優(ジェイク・ギレンホール)、名前は聞いたことがあるし、

顔もどこかで観たぞ?どこだったかな?と映画を観ながら考えた。

女優(ジェマ・アータートン)のほうは 『007慰めの報酬』 で殺されるエージェント役だったのを覚えていた。

で、まぁ、そうだ、確かに彼女だなーなんて思いつつ。
pop007.jpg



で!

映画はといえば相当面白くて、

ジェイク・ギレンホールのアクションシーンは全てがかっこよくて

pop003.jpg

ジェマ・アータートンも意思の強い王女を好演していて
pop006.jpg


「あ、そうか」∑o(*'o'*)o

映画の最中に急に思い出したんですよね。

ジェイク・ギレンホール

ブロークバックマウンテン』 で同性愛者役をやったあの俳優だ。

じゃあ、相当な演技力の持ち主ではないか!

そして、この映画でも決して裏切ってませんでしたね、はい。

目の前で繰り広げられるダスタン (ギレンホール)の立ち居振る舞いは素晴らしかった。

この映画はほんっとうに素敵です。

衣装、世界観、映像効果、ストーリー、俳優陣、どれをとっても

文句なし!大当たりでした。
pop004.jpg
このシーンは、敵同士だったふたりの心が少し近づいたシーンですね。
(あー、今思い出しても素敵だった~・・・(〃´・ω・`)きゅんとくるね

最近3Dで有名な俳優だけ集めて創った映画が多くて

案外そういうのは観た後余韻もなく帰宅することが多いんだけれど

これはねぇ。。。もうエンドロールの途中で席を立つのが惜しいほどだった。

エンドロールったって黒い画面に名前が流れていくだけのものなんですよ。

特別に映像が出てくるわけじゃない。でも余韻に浸りたかったのでしょうね。

お金が無いっていうのにパンフレットを買ってしまった。
pop001.jpg

やっぱりねぇ、映画は俳優もそうだけどストーリーが大事ですね。

時間の砂を巡る争いとか葛藤とか、台詞もすてきだった。

アータートン(タミーナ王女)「あなたともっといたかった」っていう

手を離しつつ気持ちを伝えた瞬間の台詞もよかったし

ダスタン (ギレンホール)「これからそういう関係になれたら」なんて言いつつ

少し照れたまなざしを王女に向けるシーンも最高に素敵だった!!!

女性はメロメロだろう、あれ。。。(*μ_μ)あーステキすぎるわ~ 

敵対していた二人の関係が近づく見せ方が非常によかったし

アクションシーンはとにかく全て迫力が半端じゃなかったし、

観なきゃ損ですよ。

DVDが出たら買いたいです!
[ 2010/07/03 21:02 ] 映画の話 | トラックバック(-) | CM(2)