2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06








氷艶2017 破沙羅 

今日は何年ぶりなのか、代々木国立第一体育館へ行き、
歌舞伎とスケートのショー「氷艶2017 破沙羅」を観てきました。

一番の目的はリンク上のフィギュアスケーターを生で見ることでした。
伊藤みどりの頃からフィギュアをTVで観てきて、
一度もリンクで見たことがなく、いずれ一度は…と思っていました。
高橋大輔が競技者だったころの演技が大好きでした。
でも一度も観に行くことはなかった。

今回は、歌舞伎とスケートの融合という新たな試みで
出場するフィギュアスケーターも
高橋大輔、鈴木明子、村上佳菜子、織田信成など
私がずっと見てみたかった人達だったので行くしかない!と。

ですが衣装も歌舞伎とフィギュアの融合なので、
重たい衣装ではスケーターは競技のように
ジャンプどんどんやるということはできない。
今回はそういう技を見せるというよりは
歌舞伎役者だけではなくフィギュアスケーター、
和太鼓のDRUM TAOやプロジェクションマッピングのteam Labなど
最高の能力を集めて歌舞伎の新しい面白さを
氷上で表現したといったタイプのものでした。

技はともかく、私に一番の目的は達成され、
衣装の美しさとあでやかさも相まって
高橋大輔や村上佳菜子が出てきた時は感動で泣きそうでした。
村上佳菜子ちゃんはとってもかわいかった。

ですがやはり歌舞伎の世界。
染五郎さん率いる悪の軍団の方が衣装が派手で大きいので
高橋大輔率いる善のチームと向かい合った時に
善の方が微妙に負けていた気が・・・(笑)
話はもちろん善が勝ちます。

今回は作った方々が「絶対にお客さんに楽しんでもらおう」と
情熱を傾けたのが伝わってくるショーでした。

宙を舞い、隠しワザがあったり(それはここでは書けませんが)
お客さんを笑わせたり驚かせたり、そんな今回のショーを観ていて
昔一度だけ友達と歌舞伎を観に行った時のことを思い出しました。

個人的には岩長姫を演じた笑也さんのファンになりました。
いつの間にか高橋大輔より笑也さんの登場が待ち遠しくなってました。
素晴らしい演技力というか魅力でした。

でもね、高橋大輔も相当歌舞伎の踊りを練習したのでしょうね。
それはそれは見事な動きで宴会の席で踊って見せました。
本当にさすがだなぁ…。

DRUM TAOも最高の太鼓を聞かせてくれて
迫力とカッコよさに感動。衣装もステキでした。

忍者はスケートと合うな、と思いました。
あのスピードで動く感じ、映画の中の忍者並みで
カッコよかったです。

いろいろ新しいものを見せてもらったショーですごく満足でした。

ただ、アリーナ席の段差をもう少し付けて欲しい。
前の人の頭がやっぱり邪魔。
そして椅子が安っぽ過ぎてお尻が痛い。
入ったらあまりおいしくなさそうなフードスタンドがあるのみ。

いちおうアリーナ席の人はそれなりの代金を払っているので、
そういったところも少しは気を使ってくれればいいのにと思いました。

そうだ、反省点は服装。
今度もしアイスショーを観に行くことがあれば少し厚着をしていきます!
30分の休憩で一旦出口近くに行って日向ぼっこしてました…。
スポンサーサイト
[ 2017/05/20 22:11 ] Chiharuの興味 | トラックバック(-) | CM(0)