2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








センス 

問題の衣装
ミスユニバース日本代表 宮坂絵美里


この衣装、ミスユニバース世界大会で着る予定だったもの。

この衝撃的な着物とガータとタイツ、既にご存知の方も多いでしょう。

「なにこれ?!!」とわが目を疑ったよ、ほんと。

ひどいもんですよ、このセンス。

「千年の美を宿す女」をテーマに「義志」を展開する緒方義志という

デザイナーがデザインしたというけど、

デザイナーだからセンスがいいってもんじゃないね。

『斬新』とかなんとか言えばなんでもいいと思ってるのだろうか?

日本のミスユニバースを世界のミスユニバースにしたイネスは

批判する人が多いことについて、

「このデザインの良さがわからないセンスの無い人間に向けて

作られたものじゃない」ぐらいの勢いで当初は相当強気だった。

ところが、着物提供した老舗からも

「この丈の短さだったら提供しない」と猛攻撃を受けて

丈の長さは腰を隠すところまで伸ばすことで折り合いをつけるようですね。

海外で芸者が人気だから、その芸者のイメージだとか、

あるいはショッキングなら海外の人に受けるとか、

そういう問題じゃないでしょ。

批判するなんて保守的だからだ、とは言われたくないですね。

だって、センスが良ければ大胆でもいいと思うよ。

でも、下品でどうしようもないでしょ、この組み合わせ。

牛皮の帯に鬼の面とこのピンクのガータって・・・

どっかの安物AVかいな。

日本をそこまで貶めるとは。。。。。。

日本の芸者はもっと美しいでしょ。

たおやかで、華やかで、匂い立つような色香があるでしょ。

そういうのが大事でしょ、世界に日本の美を認めてもらうには。

この衣装じゃあ、単に勘違いした外国人が真似した日本みたい。

丈を腰までにしたところで、ピンクのガータとなるとどうにもね。

それに、この衣装じゃ美しい体のラインが見えないじゃないの。

まったくもって、今回だけは、イネスや緒方義志にあきれた。



スポンサーサイト
[ 2009/08/04 10:11 ] ひとりごと | トラックバック(-) | コメント(-)