2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








プリンス・オブ・ペルシャ PRINCE OF PERSIA: THE SANDS OF TIME  

pop002.jpg

この写真を見たとき、心はほぼ「観る」と決まった。

でも我が家の一番近くの映画館では夜7時半からの1回のみ上映。

『プリンス・オブ・ペルシャ』、確かにそれほどテレビで宣伝もしてないし

実はそれほど面白くないのか?と自分の勘を疑いそうになったけど、

なぜかやはり気になる!

失業中なので、交通費から映画代までとにかく節約中だ。

失敗したら非常に痛い。

でもなんだかやはりどうしても観たかったので、思い切って観にいった。

pop005.jpg
この俳優(ジェイク・ギレンホール)、名前は聞いたことがあるし、

顔もどこかで観たぞ?どこだったかな?と映画を観ながら考えた。

女優(ジェマ・アータートン)のほうは 『007慰めの報酬』 で殺されるエージェント役だったのを覚えていた。

で、まぁ、そうだ、確かに彼女だなーなんて思いつつ。
pop007.jpg



で!

映画はといえば相当面白くて、

ジェイク・ギレンホールのアクションシーンは全てがかっこよくて

pop003.jpg

ジェマ・アータートンも意思の強い王女を好演していて
pop006.jpg


「あ、そうか」∑o(*'o'*)o

映画の最中に急に思い出したんですよね。

ジェイク・ギレンホール

ブロークバックマウンテン』 で同性愛者役をやったあの俳優だ。

じゃあ、相当な演技力の持ち主ではないか!

そして、この映画でも決して裏切ってませんでしたね、はい。

目の前で繰り広げられるダスタン (ギレンホール)の立ち居振る舞いは素晴らしかった。

この映画はほんっとうに素敵です。

衣装、世界観、映像効果、ストーリー、俳優陣、どれをとっても

文句なし!大当たりでした。
pop004.jpg
このシーンは、敵同士だったふたりの心が少し近づいたシーンですね。
(あー、今思い出しても素敵だった~・・・(〃´・ω・`)きゅんとくるね

最近3Dで有名な俳優だけ集めて創った映画が多くて

案外そういうのは観た後余韻もなく帰宅することが多いんだけれど

これはねぇ。。。もうエンドロールの途中で席を立つのが惜しいほどだった。

エンドロールったって黒い画面に名前が流れていくだけのものなんですよ。

特別に映像が出てくるわけじゃない。でも余韻に浸りたかったのでしょうね。

お金が無いっていうのにパンフレットを買ってしまった。
pop001.jpg

やっぱりねぇ、映画は俳優もそうだけどストーリーが大事ですね。

時間の砂を巡る争いとか葛藤とか、台詞もすてきだった。

アータートン(タミーナ王女)「あなたともっといたかった」っていう

手を離しつつ気持ちを伝えた瞬間の台詞もよかったし

ダスタン (ギレンホール)「これからそういう関係になれたら」なんて言いつつ

少し照れたまなざしを王女に向けるシーンも最高に素敵だった!!!

女性はメロメロだろう、あれ。。。(*μ_μ)あーステキすぎるわ~ 

敵対していた二人の関係が近づく見せ方が非常によかったし

アクションシーンはとにかく全て迫力が半端じゃなかったし、

観なきゃ損ですよ。

DVDが出たら買いたいです!
スポンサーサイト
[ 2010/07/03 21:02 ] 映画の話 | トラックバック(-) | CM(2)

NoTitle

大ロマンスなのですね!
ジェイク・ギレンホールと聞いて心が躍りました。
いいですよね、この俳優さん!

「ブロークバック・マウンテン」と「ドニー・ダーコ」
しか知らないのですが、どちらでも演技が光ってて
好きだなぁと思ってたのです。
今回こんな「王子様(!?)」みたいな役が意外で
ビックリです。
でもかっこよさそう....!
[ 2010/07/06 09:20 ] [ 編集 ]

NoTitle

ロマンスよりはアクションと時の砂を巡る壮絶な争いとか陰謀に重点が置かれているんですけれど、激しい展開の中で二人の距離が近づく感じが大変よろしいのでございます。
すてきですよ、この映画。
[ 2010/07/07 23:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する