2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12








マドレーヌと夏祭りのフィリフヨンカ 

しっとりマドレーヌ

クッキーに引き続き、昨日はマドレーヌを焼いた。

もう非常においしく焼けたので感激だ!

型がマフィン型しかなかったので、とりあえずそれで作った。

でも味、匂いともに最高だ♪ 満足満足 (人'w'●).:♪*:

今日は友人が来る予定だったので、

そのためにクッキーやマドレーヌを焼いて、おやつを買い込んで待っていた。

ただひとつ問題なのは今日は大雨だということだ。

台風も接近しているということだ。

上陸の可能性は五分五分といったところ。

まぁ、雨だけど来るかもしれない、と準備して待っていた。

でも案の定、友人から「延期」のメールが届いた。

そうだろう。そんなところだろう。

わかっていたんだけれどガッカリした。

来るようなら雨でも風でも駅まで迎えにいくつもりでいた。


こういう状況になると私はフィリフヨンカのような気持ちになる。

ムーミンに出てくるフィリフヨンカだけど、アニメのフィリフヨンカさんとは違う。

原作「ムーミン谷の夏まつり」に出てくるフィリフヨンカは一人暮らしで、

おじとおばを毎年招待していろいろ準備して待っているのに

来てもらえずにさびしく泣いていたりするのだ。

その気持ちが私は中学時代にとてもよくわかったのだ。

中学時代から、私は友達が来るとなると嬉しくていろいろ準備して待つのだ。

喜んでもらえたらといろいろ考える。

それがいけないんだよね、うん。

思い入れすぎる。だからキャンセルされると悲しくなる。

普通に「残念だわ」と言うよりもガーーーックリして

1日残念な気持ちで過ごしてしまう (´+ω+`)。...

これって、あまりよくないことだ。

無論事情によってどう考えてもキャンセルやむをえないだろう

となればそれほどガッカリはしない。

雨風の場合、判断は難しい。

たぶん私だったらどうするか、というのと

友人の判断の違いなんだと思う。

もう対処としては、雨とわかっている前日から延期を自分で伝えることだろう。

家に遊びに来て欲しいという気持ちが勝ってしまうと延期を伝えるのも難しい。

困りものである。

本当はもっとおおらかに柔軟に生きたいものである。

キャンセルは当然あり、約束自体やぶられても当然あり

そう思っていればショックはやわらぐだろう。

マドレーヌをひとりで食べつつ、 りお にも分けつつ

外を見つめながらそんなことを思った。

ま、部屋が今日はきれいで居心地よいし、

おいしいマドレーヌのレシピも習得したので

結果オーライとしましょうかね ( 'ー' )
スポンサーサイト
[ 2010/10/31 10:09 ] ひとりごと | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する