2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








声のコンプレックス 

物心ついたときから自分の声にコンプレックスがある。

低くてくぐもっていて聞き取りにくい声をしている、と

つくづくイヤになる。

実際に他人に言わせるとやはり聞き取りづらいようだ。

でも耳は良くてアニメの声優さんなんかあっという間に当てるし

覚えるのも早い。あこがれがあるからだろうか。

自分の声がこんな風だったらよかったのに、と思うような声優さんが

昔はたくさんいた。今時のアニメの声優にはいないけど。

例えば 池田昌子(『銀河鉄道999』のメーテルやオードリー・ヘプバーンの吹き替え担当)とか

田島令子(『ベルサイユのバラ』のオスカルやエメラルダス)とか

増山江威子(『ルパン三世』の峰不二子)とか

いいなぁ、まねしたくても絶対できないなぁ、っていう声の人たち。

なにより声優さんたちってやはり声がソフトでもきちんと通るよね。

発声の問題かな。ヴォイストレーニングやらないと。

のどを鍛える、というのが今ちょっとやりたいことのひとつになっている。

スポンサーサイト
[ 2011/01/28 23:19 ] ひとりごと | トラックバック(-) | CM(2)

声にコンプレックスなんて意外です。
落ち着いて軽やかで気持ちのよいお声ですよー。

声優さんの声に詳しくてびっくりしました。
そこまで明確に聞き分けられるなんてすごい!
ほんと、心からうらやましいです。
[ 2011/02/02 17:38 ] [ 編集 ]

mamakarinさま

((ノェ`*)っ)) あらまぁ、声を褒めていただけて嬉しいです。
本当に声はコンプレックスなんですよぅ。
キンキン高い声はいやですが、わたしのように低い声はちょっと。。。
かわいくないなぁって思う( ´△`;)
面白いのは、りおの声もトイプードルの見た目に合わず低くて
これってもしや私に似たのでは。。と考えてしまいます(苦笑)
[ 2011/02/02 22:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する