2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








社会現象の仲間に入らない私 

自分でも不思議なのだけど、直感的に好きではない。

「アナと雪の女王」をまだ観ていない。
先日テレビで、日本では「タイタニック」ぶりにすごい興行収入を記録したと言っていた。
それでハッとなったのだ。

実は「タイタニック」が話題になったときも、私はひとっつも惹かれなかったのだ。
何年も経って、何回かテレビでも放送されたのち、ある時テレビの放送で初めて観たのだ。
観たけどやはり感動しなかった。

人と私は違うしと思う反面、

“なんてこった。
こんなに大勢の人間が熱狂している映画に
こんなに惹かれない自分がいる”

と小さく驚いたものだ。
そのときは、それでも“そうか、まぁ、そういうこともある”と受け入れた。

でも、今回こんなにも社会現象になってる「アナと雪の女王」に
またしても全く惹かれない。
映画館に観に行くなんて不要と思える。
案外観た途端変にハマる可能性もあるけど、わからない。

そんな中、TSUTAYAでレンタルが始まった。
借りようか、と思ったけど準新作とかになって7泊8日になってからでもいいや、と
ここでもすぐ借りる気がない自分がいて驚く。
この調子だと旧作になるまで観なさそうだ。

実は世の中には
やはりあの映画の異常な人気に違和感がある人もいるにはいるようだ。
そしてYahoo映画のレビューを読んでみたところ
やっぱ観なくていい気になった。

そして本日、「アナと雪の女王」はレズビアンを肯定している映画なのだ、という
突拍子もない記事を読んだ。

あ~あ、これで完全に真っさらな気持ちでこの映画を観られなくなった。

あ、言っておきますが私は同性愛者たちが好きだ。
友達にもホモセクシュアルな人がいる。私は彼らのことが好きだ。
だからレズビアンを指して「まっさらな」とか言っているわけではない。

言いたいのは、Yahoo映画のレビューも含めて、いろんな人がいろんなことを言うのを
読んでから映画を観ると、自分だけのまっさらな感想が持てないということなのだ。

まぁ、この映画に関しては観るとしてもずっとずっと先になるので、
結局いろんな人の話は耳に嫌でも入るんだけどね。

そもそも。
宣伝の効果で誰しも本当の意味で自分の感想を持てていないのではないか、と思う。
あれだけ死ぬほど「ありのーままのー」とか聞かされて、どうなんだよ。
しかも吹替えで観て面白いのか。。。
いえ、正直に言うと吹替えの翻訳をした人には敬意を表しています。

それでも、一個人として映画を楽しむ時は、私は字幕で観たい派です。

なんか話がちょっとあちこちになりましたが、
とにかく社会現象というものになかなか巻き込まれない私、
そういう私を改めて実感しています。
この「アナと雪の女王」現象の最中で。。
スポンサーサイト
[ 2014/07/23 20:24 ] 映画の話 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する