2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12








白内障 その2 視力急激に悪化 

前回このブログで愛犬の白内障について書きました。
その後、膵炎にかかって入院したりして、
命優先で膵炎をまず治してから白内障に対処という気持ちでした。

で、膵炎はこの週末、病院で再度血液検査して数値も正常にもどり、
とりあえず一安心のところまできました。
あとは、食事を今までのものに徐々に戻して異常がなければよし、ということです。

で、白内障に話を戻しますが。
膵炎で入院する前と退院後、あまりの視力の低下ぶりに驚愕しました。

今まで左目は見えているんでしょうという診断で、
りおも花壇に飛び乗るときにちょっと膝をうってしまったりすることはあったけど
飛び乗れない、飛び乗るのを怖がる、ということはなかったのに
戻ってきたりおは、家の中のベッドにも飛び乗れないし、
なんと道を歩いていたら電柱にぶつかったのです。
そんなまさかと目を疑いました。
りお自身も、戸惑っていました。
なぜなんだろう…と思っているようでした。

今までそんなことは一度だってなかったのに、まるで両目が見えていないかのようです。
ボールもまるで目で追えない状態になっています。

入院前はボールを追うことはできていたのです。
見失う確率が高くなったな、程度で時間をかければ見つけることはできたのです。
今は足元にあっても見つけられない。本当に見えていないんだとわかり愕然としました。
こんなに急に?なんで、何が原因で?

たった5日間の入院で急に老犬度が増したようでした。
膵炎や入院中の対応が原因ではないと病院の先生は言いました。

慣れているベランダもわからないようでした。
ものすごい時間をかけて鼻をつかってベランダの広さと場所を勉強していました。
たまに物干しの足にぶつかったりして引き返したり、その様子がなんとも…。
ベランダに出るときの段差も怖がります。そりゃそうよね。見えないんだから。

退院後一週間以上がたった今日、久々に自転車に乗せてみました。
かごにのせた状態で曲がるときや止まるとき、できるだけ声を出して
合図を出して、その規則性を覚えてもらえれば彼女も楽だろうと
ずっと声を出しながら自転車に乗りました。

公園についたら、やっぱり見えないせいで行動範囲が異常に狭く、
私が声を出して自分の居場所を教えながら、リードで行動範囲を広げて
公園を一周しました。目が見えていなくても、芝生は嬉しかったようです。

できるだけりおが落ち込まないように、今までと変わらず
活発に過ごせるようにしてあげたい。

そして、以前のようにボール遊びもおもちゃ遊びも、と望むなら、
イチかバチかの手術も考えないといけないかな・・・と思い始めています。
いや、まだ迷っているのですけれどね。

前回このブログで愛犬の白内障について書きました。
その後、膵炎にかかって入院したりして、
命優先で膵炎をまず治してから白内障に対処という気持ちでした。

で、膵炎はこの週末、病院で再度血液検査して数値も正常にもどり、
とりあえず一安心のところまできました。
あとは、食事を今までのものに徐々に戻して異常がなければよし、ということです。

で、白内障に話を戻しますが。
膵炎で入院する前と退院後、あまりの視力の低下ぶりに驚愕しました。

今まで左目は見えているんでしょうという診断で、
りおも花壇に飛び乗るときにちょっと膝をうってしまったりすることはあったけど
飛び乗れない、飛び乗るのを怖がる、ということはなかったのに
戻ってきたりおは、家の中のベッドにも飛び乗れないし、
なんと道を歩いていたら電柱にぶつかったのです。
そんなまさかと目を疑いました。
りお自身も、戸惑っていました。
なぜなんだろう…と思っているようでした。

今までそんなことは一度だってなかったのに、まるで両目が見えていないかのようです。
ボールもまるで目で追えない状態になっています。

入院前はボールを追うことはできていたのです。
見失う確率が高くなったな、程度で時間をかければ見つけることはできたのです。
今は足元にあっても見つけられない。本当に見えていないんだとわかり愕然としました。
こんなに急に?なんで、何が原因で?

たった5日間の入院で急に老犬度が増したようでした。
膵炎や入院中の対応が原因ではないと病院の先生は言いました。

慣れているベランダもわからないようでした。
ものすごい時間をかけて鼻をつかってベランダの広さと場所を勉強していました。
たまに物干しの足にぶつかったりして引き返したり、その様子がなんとも…。
ベランダに出るときの段差も怖がります。そりゃそうよね。見えないんだから。

退院後一週間以上がたった今日、久々に自転車に乗せてみました。
かごにのせた状態で曲がるときや止まるとき、できるだけ声を出して
合図を出して、その規則性を覚えてもらえれば彼女も楽だろうと
ずっと声を出しながら自転車に乗りました。

公園についたら、やっぱり見えないせいで行動範囲が異常に狭く、
私が声を出して自分の居場所を教えながら、リードで行動範囲を広げて
公園を一周しました。目が見えていなくても、芝生は嬉しかったようです。

できるだけりおが落ち込まないように、今までと変わらず
活発に過ごせるようにしてあげたい。

そして、以前のようにボール遊びもおもちゃ遊びも、と望むなら、
イチかバチかの手術も考えないといけないかな・・・と思い始めています。
いや、まだ迷っているのですけれどね。
スポンサーサイト
[ 2015/09/20 20:20 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する