2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








白内障 その4 過熟 

今年2月に動物の眼科(鎌倉山)に行ってきた。
りおの目はもう一番進行している「過熟」だと診断された。
「未熟」、「成熟」、「過熟」の3つの段階があるようだ。

さらに、以前からそうだけれど、りおの目には別な問題がある。
「虹彩萎縮」なのだ。

虹彩萎縮があるため、瞳孔はうまく開かない。固まってしまっている。
血管を切ってしまう可能性が高いので手術するのは難しいらしい。

というわけで、先生からは2種類の目薬を延々さすだけの処方が。
ジクロフェナクとヒアルロン酸です。
これをさし続けていたら、どうやら若干眼圧の状態は良いようです。
つまり炎症が起きたりはしていないということ。
でも白内障が良くなることはない。

で、ひたすらネットサーフィンで何か方法はないものかと探していた。
そしたら「クララスティル」というものを見つけた。
どうもネット上の評判はまずまず。
どんどん検索を進めると、次に「C-NAC」という目薬を見つけた。
これは「クララスティル」のジェネリックらしい。
そして実は「C-NAC」の逆の「CAN-C」というのを見つけた。
これも結局のところクララスティルのジェネリックらしい。
なぜ逆になっているのか。

なんにせよ、行きつけの病院のお医者さんに聞いてみた。
すると「クララスティル」の症例は少ないので何とも言えないということで、
結局りおの「虹彩萎縮」の症状を思うと単に白内障だけの問題じゃないので、
今のジクロフェナクを止めるのはおススメできないと言われた。

というのも、「クララスティル」を使う時には条件がある。
今使っているサプリメントや目薬は中止して、これ一本にしてくださいというもの。
なので今使ってるジクロフェナクを止めないといけない。

どうするか…現在検討中。
可能性は低くても可能性があるなら「クララスティル」やってみたい気はするんですよね。
だって、もう手術は無理なんだもの。

目が見えないのに、今でもボールを投げてほしいとせがむし、
今でもフリスビーを家の中で投げて遊ぶのです。
音、気配、匂いを頼りに探します。

あああ…もう一度目が見えるようになったらねぇ。。。
去年のりおには見えていたが、今年のりおには見えません。
スポンサーサイト
[ 2016/03/30 21:44 ] 愛犬りおとの日々 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kopimanis.blog80.fc2.com/tb.php/410-3c793694