2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








ディズニー・アート展 

今日は朝から気合を入れて9時半にお台場に着くように家を出ました。
日本科学未来館なんて、初めて行きました。
ディズニー・アート展です。
IMG_1971.jpg


ディズニーの手書きのストーリースケッチや背景画など
本当に見ていて心が躍るようでした。
残念ながら、デジタル画になってきたあたりからは、
徐々に味気なくなりました。

ちょうど明日実写版を観に行く予定の「美女と野獣」や「ライオンキング」あたりは
手書きとCGのバランスが良くて、CGに手伝ってもらっている感じがあるのですが、
「塔の上のラプンツェル」あたりからはもうデジタル画でCG三昧。

「ラプンツェル」は嫌いじゃないし、むしろ好きな方なのです。
特にあのボートの上でランタンに囲まれているシーンなんて
夢か幻かというぐらい美しい。
でも、原画を見に行った立場からすると、
デジタル画からはさほど「すごーい」という感動は得られませんでした。

物理を使った質感や重量、風を受けた時のパーティクルの動きなどは
さすが最先端技術を使ったアニメだなぁと思いましたが、
「バンビ」で雪の中からウサギが飛び出す様子だって十分よくできてる。

ディズニーのキャラクターは途中から相当変わりましたよね。
「美女と野獣」のベルや「アラジン」のジャスミンと比べると
ラプンツェルやアナ、エルサはやたら目が大きくて顔も丸い。
それがいい、という見方もあるし、私もそれはそれでかわいいと思う。
でも、「眠りの森の美女」のオーロラ姫もやっぱり美しいのです。
まぁ、時代は移り変わる。絵も移り変わる。

話が少しそれましたが、ディズニーの絵を支える人々の情熱は
すごく感じられましたし、感動のあまり案の定、アート展のショップで
散財してしまいました。
IMG_1975.jpg
これは今回展示されていたアートの数々を載せているブックですが、
裏表紙は2種類ありました。「リトル・マーメイド」と「美女と野獣」です。
私は今年、実写版が上映されるのを勝手に記念して「美女と野獣」を選びました。
IMG_1976.jpg
作品自体沢山あったからか、本の厚さは2.5cmとかなりのものです。
また、絵を描きたくなりました。
スポンサーサイト
[ 2017/05/02 22:55 ] Chiharuの興味 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する