2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12








サンダル⇒エステ⇒タルトゥーフォ⇒ルクルーゼ⇒歌川 

今日は、ずいぶん前に予約していたエステの日でした。
ちょっと昨日少し切ない思いをしたので(これは後日載せます)
正直予約をキャンセルしようか・・と思っていました。

でも、そうやって家にこもるのがよろしくない!
と自分を奮い立たせて横浜へ出かけました。

2年ほどすっかり気に入って使いまくったサンダルが壊れていたので
セールで安くなっていて良いものがあれば買おうかな、と
少し早目に出てエステの時間まで靴売り場へ。

なんと気に入るものが見つかりました。
イタリアのサンダルで、値段も恐らく半額近くに下がっていました。
ラッキー(^^♪

次はエステですが、エステ後は大抵メイクもしてくれるんだけど
エステを担当する人によっては化粧のセンスがゼロな人がいて
仕上がりが「うーん…」と思ってしまう場合もあるんですが、
今日の方は非常に私も気に入るメイクをしてくれてこれまたラッキーでした。

で、帰ろうかなぁと思ったんですけど、ちょっと贅沢をして
私が大好きなお店に行ってタルトゥーフォというパニーニを食べました。
20150809タルトゥーフォ02
もう、漂うかおりを伝えられないのが残念なぐらい。
白トリュフの香りがたまらない一品。ハムもチーズも文句なし。
毎回本当に満足させてくれます。

さて、その後せっかくお昼ごはんを食べたし、どうせなら
気になっていた「歌川国芳展」を見てから帰ろうかな、と
そごうの6階へ。

ふと眼の端にこれまたずっと気になっていた「ル・クルーゼ」のコーナーが。
ちょっとだけ見るつもりが、なんとついに出会ってしまったのです。
色がね、もう私の好みでした。16cmのココット・ロンド。
今年の夏に発売された薄い青やピンク、黄色のものはよその店で見ていて
それもすっごくいいなぁ・・・と思ったけど買うに至りませんでした。
ところが今日出会ったグリーンは「ローズマリー」という名前の色で
緑の色が非常に美しい!もう虜になりました。
高かったし今の時点での出費は痛いんだけど(これも事情は後日載せます)
どうしても今ここで買わないともうなくなってしまうらしく、
事実高いといっても定価よりは安くなっていたので思い切りました。

で、購入してからそれを預かってもらって本来のお目当てだった「歌川国芳展」へ。
これね、すごく面白かったです。
いや、国芳自身がきっとものすごく楽しんで描いていたんだろうなということが
ありありと想像できる絵のオンパレードでした。
こちらが「なんじゃそりゃ」と笑ってしまうようなものもあったし、
日本の漫画はすでにここから始まっていたんだなと思わせるペンタッチと感性に
感動さえ覚えました。

img_0.jpg
この絵↑なんて、もう魚やカニが何者か別なものに変わっている…最高。

まぁ、とにかく歌川国芳にもとても楽しませてもらって、預けておいたル・クルーゼを持って帰宅しました。

帰宅して改めて箱から出すともうその色にうっとり。
20150809_初ルクルーゼとりお
思わずりおを座らせて記念撮影。初ル・クルーゼ記念です。

写真だと若干薄くて軽い緑になってしまいましたが、なんというかもう少し深い緑で
とにかく素敵なのです!!!

ル・クルーゼ、コメを炊くこともできると友人から聞いていたので早速試したら
良い水加減だったのか、それともココットパワーか、とてもおいしく炊けました!
ますますこのグリーンのココットを愛してしまいました。

今日を振り返ると「こんなに出費する予定じゃなかったのに」と要所要所で
贅沢した自分を責める気持ちがありました。でもこうやって振り返ると
全部自分がすごく幸せになったし今もその幸せは持続中。

今日はいろんなことがラッキーの積み重ねで大大大ラッキーでした。
幸せだわー。

明日からがんばろ。
[ 2015/08/09 20:00 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

抜糸4日にして初めて見た傷跡 

[ 2015/04/27 21:50 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

局部麻酔による手術 

これは気のせいだ。痛くない。チクチクしているけどたったそれだけのことだ。
と自分に言い聞かせている私。

実は今日、人生発、局部麻酔による手術をしました。

今時の手術…というか前からなのか?
手術中、私は知らないJ-Popを聞きながら足のやけどの痕を切ったり縫ったりされていました。手術も終盤になって「これだれですか?」と聞いたらレミオロメンでした。そうなのか、このグループの曲を聞いたことがないから知らん。
手当の間ずっと焦げた匂いがしていて、そもそもやけどの傷跡ってことはそこが焼けたからこんなことになっているのに、手当でも焼いてるってどうなんだろうか、などと思いながら壊死した皮膚を電気メスで焼き切られていました。

局部麻酔の手術というのはなかなかのもので、ある意味全身麻酔の手術より大変かも。
縫い合わせる糸の動き、ひっぱられたり、糸がスーッと皮膚を通る感覚があるので、なかなかえぐいです。

そして痛い。
どの病院でやってもこんなものだろうか。どうも麻酔のやり方がいい加減なような。。。
メスで切っているのかどうなのか最初は感覚がないので十分効いているのでしょう。
しかし局部麻酔だからか十分効いている場所とそれほどでもない場所があり、時々「イタッ!」となって声を出すと「あ、痛いですか。じゃあ麻酔足しますね」と先生が麻酔を更に足してから切除作業に戻る…というようなことを繰り返した。繰り返しているうちに本当に他の病院もこうか?と疑いが生じた。

30分の予定が1時間の手術。力んでいたので疲れた。
ちなみにやけどが膝の裏側だったため、うつぶせ状態での手術だったので、抗生物質を点滴するのに腕の内側を使えず、手の甲というとんでもなく痛い場所に刺されました。
刺すときも痛かったけど、抜く時がかなり痛かった。テープを何枚か貼っていて、それを取るのに針が動く動く。ギャーと心の中で叫びました。

無論麻酔の注射自体も非常に痛かった。痛かったけど刺しているうちに麻酔が効いてきて、刺す時イテェ!となるけど、長く刺していても最後の方では無感覚。

いやはや、そういうわけで手術後2時間ぐらいしたら徐々に縫い合わせたところが痛み出しており、今もそちらに意識をむけたら非常に痛いので、知らんふりをしている。
先ほどお風呂に入った時も濡らさないようにしたんだけど、包帯の一部が濡れたので、やむを得ず包帯を取り替えましたが、ほどいていくと徐々に惨劇が見えてきて血があちこちに…がひー!傷口だけは見てはならないと急いで別な包帯で巻きました。

明日もまた病院で手術後の傷を診てもらいます。
うーん、やっぱり切除と縫合は痛いね。
こんな程度で痛いんだからこれ以上の手術は大変ですよ。
私はチキンなのだ、と今回気付きました。

注射ぐらいなら平気だったのに。手術にはちょっとビビりました。
早く治ってほしい。

りおが手術したのが3月7日。今日が4月9日。
りおもお腹にできた異物を切除して縫い合わせたんですが、
麻酔が切れたあとは同じように痛かったでしょうね。
これまでも彼女の手術を決心するときは、決して安易に決めているわけじゃないけど、
将来もしりおの手術を決定せよと言われたら、
これまで以上に二の足を踏むようになりそうです。

わかっていてもやっぱり痛いわよ。切ると。

[ 2015/04/09 21:24 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(1)

「犬 お湯に浸かる」 から「しっぽり」 までの変遷 

ネットサーフって本当にとんでもないところに行き着くな~と思います。

お風呂に浸かって、冷えた体が温まるのにありがたさを感じながら、ふと「りお(我が家の愛犬)はお風呂に浸かれないわけだから寒くないのかしら」と思ったところに端を発し、

いや、風呂に入れてもいいなら、シャンプー以外でもいれてあげたらいいのかも。ただし、健康に影響がなければ。なんて思ってネットで「犬 湯」みたいな感じで情報を探していきました。

いろいろ見た後に最後の記事で、記事の終わりに別な内容のリンクがたくさんありました。
名前の由来とか、雑学的なもので面白そうだったのでクリック。

そこからはなんだか気付かぬ間に「しっぽりってエロい言葉ですか?」という質問記事に行き当たり、そういえばよく知らないな、と興味を持ってクリック。

そこには単に本来の意味が書かれていただけでなく、男性から「しっぽりテレビでも見たい」と誘われて困ってるなんていう相談まで出てきて、「はー、そういうことに頭を悩ませてる人もいるんだねー」なんて変に感心したりしていました。

そこでハッとして、私が知りたかった地点からだいぶ遠くにいる自分に驚きました。

なぜ犬がしっぽりになっていくのか。
改めてネットサーフの威力というか、なんだかびっくりしました。

[ 2014/12/07 15:57 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

犬を物扱いする日本をどうすれば変えられる? 

http://www.asahi.com/articles/ASGB07FVCGB0UUHB01Q.html

鬼怒川河川敷で、約40匹の小型犬の死体を通行人が見つけたというニュース。

日本は、犬が物扱いされる国だ。最低である。

この状況をどうしたら変えられるんだろうか。

以前、知り合いから自転車置き場のごみ箱に犬の死体が捨てられているのを見つけたという話を聞いて、

それが罪にならない日本という国に深く失望した。

もういい加減、動物を物扱いするのはやめたらどうか。

自分が処分される動物たちと同じ扱いを受けたらどう感じるのか

考えもしないんだろうか、犬や猫を物のように捨てる人たちは。

そしてこの制度のままでいる国の人達は。。。私もその国に生きてると思うと。。。。

民間で何かできないんだろうか、どうしたらいいんだ。。。。

[ 2014/11/02 20:46 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)