2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








La La Land 

何年かぶりに、1800円で映画を観ました。
いつもはレディースデーで1100円か、DVDになるまで待ちます。
1800円は常々高いと思っているので。

今回はなりふり構わず、というか財布の中身に構わず
定額だろうが観に行きました。
私の中で何かが「そうしてでも観ろ」と言っていました。

大好きなライアン・ゴズリングが出ているし、
「アメージング・スパイダーマン」で好きになったエマ・ストーンも出ている。

でもミュージカルを観るのはあまり得意ではないので
少々警戒心もありました。
ディズニーのアニメでさえも、突然歌いだすのが苦手だったりしたので。

最悪な出会いをした男女2人が恋に落ちる
という定番のラブストーリーだと前情報があって、
それもまたどうだろうか、と思ったりしました。

そういった要素があったのになぜか「とにかく観ろ」ともう1人の自分が。

で、結果。
観て損はないどころか、観てよかったと思いました。
しかも初めて「もう1回映画館で観たいな」と思いました。

たまにテレビで映画の宣伝している時に
「もう6回目です」とか言ってる観客を見ては
「理解できないなー」と思っていました。
さすがに6回映画館にお金を払って観に行きたいと思うかどうかは別ですが、
1回観たあと、もう1回ぐらいは観てもいいな、と思った自分に驚きです。

好きな映画さえ、いろんな作品を観たいからということで
映画館で観るのは1100円でさえもできるだけ少なめにしているぐらいなのに
同じ映画を2回観に行きたい気持ちになるとは。

ネタばらしなので何が良かったかなど細かいことは書きませんが、
鮮やかだったり褪せていたりといった、細やかな色使い、町の作り方、ファッション、音楽、ライアンがダブルなしで弾くピアノ、
エマの歌声、夢を見ているようなカメラワーク、すべてがなんて素晴らしかったことか。
ストーリーも、ただ底抜けに明るいだけのラブストーリーではなかったところが
ますます評価できました。

映画館でクレジットの最後まで座って音を楽しむことをおススメします。
Lalaland.png




[ 2017/02/25 18:46 ] 映画の話 | トラックバック(-) | CM(0)

赤ちゃんの時の行動が戻ってきた 

[ 2017/02/18 20:10 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)

今年はラトリエ・ドゥ・ショコラ ニューヨーク 

今年はもうチョコレートの誘惑に負けるまい
と考えていたその日に買ってしまうという意思の弱さが悲しい。

買うならジャン・ポール・エヴァンのトリュフと決めていたけど、
出かけた帰りに寄ったので既に売り切れ。
他に何かめぼしいチョコレートはないかと探したら、端っこにあったけど気になる店が。

エリック・ジェレイドというフランス人シェフがNYに持っているラトリエ・ドゥ・ショコラNYのチョコレート
つい2箱も買ってしまいました。というのもどれも味見したかったから。
01.jpg
右の箱には和の食材が使われているチョコが2つ。
(ちなみにこの箱のふたはマグネットで閉まる。素晴らしい。とっておこう)
左の箱にも柚子など果物やラベンダーなどハーブが使われているチョコが。
02.jpg

03.jpg
左上から時計回りに:
酒はちみつ
マンダリン酒
はちみつたまり醤油
ラズベリー白みそ
まん中:
酒パッションフルーツ
です。
04.jpg
左上から時計回りに:
マンダリンオレンジ
エスプレッソ
柚子
フルール・ド・セル
バニラ
そしてハート形の赤いチョコがラズベリー

どれも試してみたくなるフレーバーでしょう?
(フルール・ド・セルだけは味の想像がつかないけど)

というわけで、非常に楽しみ。
いつ食べようか、どれから食べようか。
ワクワクです。
[ 2017/02/04 20:59 ] 美味しいもの♪ | トラックバック(-) | CM(0)

A Dog's Purpose 

今日、"Me Before You"という本を読んだ。
jojo.png

この本は予想以上に面白くて
寝なきゃいけないのについ読んでしまう
なかなかのpage turnerだった。

さて、次に同時に買ったもう一冊を読もうと手にした。
"A Dog's Purpose"だ。
dogs purpose

家にこよなく愛する犬がいるからこそ
この本は買おうか買うまいか悩んだ。
絶対泣かされる気がしたからだ。

案の定、表紙をめくって冒頭、まだ話が始まる前の
紹介のページに載っていた文言を見ただけで
涙が出てきた。

"All dogs go to heaven... unless they have unfinished business here on Earth."

やめてよ!泣かせないでよ!と思った。
りおが現在13歳と4カ月。
10年近く前にあの世へ逝ってしまった愛犬のことがあるので
私はおびえている。

この世にまだやり残していることがあるうちは
りおは私のそばにいてくれるだろうか。

あああ、1ページ目でこれじゃ、この先がまずい。
電車の中で読もうと思って買ってるのに、
今日読み終わった"Me Before You"だって
そうとう泣きそうで困った。
でも、きっとこの本は泣きそうじゃすまない気がする。

少し家で読んで大丈夫そうだったら持ち歩こう。
ダメそうなら家で読もう。

でも、どうやら同じ犬が何回か生まれ変わる話みたいなので
面白いかもしれない。
[ 2017/01/19 20:49 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)

あこがれの生き物 

子供の頃から犬と暮らしたいとは思っていて、
その夢が大人になってかなった。
でも大人になるまでに、家に迎えて一緒に暮らしたいと思った動物は、
犬だけではありませんでした。他にもいっぱいいた。

憧れた動物たちの中で、今までに実際に一緒に暮らした動物は以下の通り。

インコ (マンション暮らしで犬はダメだけど鳥ならいいと言われた)

ウサギ
モルモット


憧れた・・・なのでザリガニとかコイとか、そういうのは入りません。
それはともかく。

あこがれた動物の中に、フクロウがいたことを今日思い出した。
インドネシアで暮らしていた時、エレクトーンの先生の家に、
なんともかわいい黒目がちなフクロウがいた。それがきっかけ。

なぜそれを今日、思い出したかというと、
九州で子供がフクロウを拾ったという記事をネットで読んだから。

婦警さんになでられている黒目がちなフクロウの写真を見て、
あああああ、フクロウも家にお迎えしたかったんだ…とね。

しかし、私に猛禽類は無理だとわかったのであきらめます。
彼らがおいしいと思う食事を与えられない。
すなわち、ラットなどの哺乳類。

飼い方をググると、なかなか恐ろしいことが書いてある。
要らない部分を取り除かなくてはならない。
つまりラットなどをさばく必要があるというのだ。
さばいた後のものも売っているというが、いずれにせよ
臭いは相当なもののはずだし、残酷な状態であることは間違いない。

インターナショナルスクールで生物の授業を取っていた時、
私は初めてラットを解剖した。
あれは、中学時代に行ったカエルの解剖の比ではなかった。

猛禽類が健康に生きるために必要なことができないなら
飼うべきではない。それが私のルールだ。
どうも、それができないくせに欲しいからと飼ってしまい、
栄養失調にさせて死なせてしまう人もいるらしい。

これは犬猫も同様で、育て方をろくに考えもせずに
「かわいーい」というミーハーな考えのもとに飼ってしまい、
栄養失調で弱ったら「この子は大人しい」などと
すっとぼけたことを抜かす人達に似ている。

人間同様、健康に生きるためには必要な栄養を与えること、
そして運動も大事なのだった。
フクロウもストレスがたまらないように飼わなければならないという。
そうでしょうねぇ。

さあ、どうする?
彼らは飛ぶので、鷹匠の鷹ように訓練して戻ってくるならまだしも、
戻らない確率のほうが断然高い。
家の中で遊ばせるという手もあろうけど、なんだかフクロウが不幸だ。

結局のところ、日本で売られているフクロウは、
よほど環境が整った田舎の人がよく勉強して飼ってくれない限り不幸である。
ということがわかったので、私はあきらめている。

かわいいな…という憧れと共に、かわいいからこそ
自然の中で幸せに生きてほしいという気持ちがあるので、
憧れのままにしておくことにする。
いや、むろんラットをさばけない時点でアウトだけどね。
不思議だよね。
自分が食べる豚や牛はパックに入っている状態で見ても平気なのに、
パック詰めのラットは無理なのだ。無理。

かわいいフクロウ。永遠のあこがれ。

[ 2016/12/15 19:28 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)