2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05








クリスマスに生き物をプレゼントすること 

最後まで責任をもって面倒を見る。
そういう家庭なら、どうぞプレゼントしてください。
子供は大喜びするでしょう。
私は子供の頃、動物と暮らしたくてしょうがなかったので、
大喜びの気持ちは分かります。

外国の女の子が泣いて喜ぶ様子なんかを見れば明白。
本当に願っていたことが伝わります。
なのでプレゼントにすることを否定はしません。

「皮膚病になったから捨ててきた」という家を知っています。
その程度の覚悟ならやめてください。

自分がその子イヌだったら、子ネコだったら…と思ったら、
「とてもできない」と思うことは、しないでください。

クリスマスは楽しく幸せな時間でしょう。
動物は生き物です。病気になるし、死にます。
最後までのことをしっかり考えて、迎える喜びを感じてください。
私の切なる願いです。

私は姫と2人暮らしですが、クリスマスの今日、りおは小さいけど温かく
私の膝の上で寝ています。
最後まで幸せでいて欲しいなと思います。
優しいクリスマス🎄です。
[ 2017/12/25 11:58 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)

冬至の日のあれこれ 

今日はりおの今年最後のトリミング。
そして、ずっと担当してくれていたトリマーさんも今日で最後。
結婚されるそうで、おめでたい。
りおにとっては少し残念。

Before↓
20171222_before.jpg

りおを預けて家で仕事。
Googleを開くとアニメーションがメチャ可愛い。
ネズミがスケートしたり雪だるまになって戻ってきたリ。
毎回Googleのアニメーションには癒やされる。

仕事しながら洗濯も回しながら、りおを待つ。

12時過ぎ、りおのお迎え。
After↓
20171222_after.jpg
クリスマス前だけどあと数日で年末年始に移行するため、
りおのリボンはお正月仕様にしてもらった。
トリマーさん、今までありがとう。
次のトリマーさんの名前は聞きました。
りおに優しいといいね。

りおは14歳で少し首のあたりの毛が乏しくなってきたとか
いろいろ話して挨拶して帰ってきた。

そういえば、りおは数日前に歯が抜けた。残りの歯はあと何本だろう?

冬至には以前は ゆず湯をしてりおを入れたけど、
今日はトリミングにつき、それは無し。

帰宅して、りおはしばらく私に抱っこをせがんだあと、寝んね。
お疲れなご様子↓
20171222_1231お疲れなご様子
今年も、このまま穏やかに年が越せるといいですね。


[ 2017/12/22 12:31 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(0)

検査で絶食 

今日は、りおさんの検査の日。
1年に1度予防注射をしますが、今年はまた
心臓と腹部のエコー、血液検査をします。
そのため、りおは朝からご飯なし。
検査の時間が12時から15時なので、夕方まで絶食。

散歩の後、りおさんはいつも通り私に「ご飯をちょうだい」と。
これなんですよ、恐れていたのは。
ピー…という音にもならないか細い声を出しながら、
私に付きまといます。ああああ。

ご飯を忘れてるわけじゃないのよ。
事情があってあげられないの。

しかし、毎度のことながら犬には言葉が通じません。
志村動物園のハイジみたいに、
こちらの話も伝えられたらいいのにね。

ブログを書いている間にりおはようやく少し諦めて、
寝ています。

これも毎回思いますが、犬って人間より偉い。
言葉が通じず、人間ならもどかしくなるところを、
彼らは悟っていますよね。偉い偉い。

検査結果が良いといいけど。
[ 2017/12/03 09:07 ] 愛犬りおとの日々 | トラックバック(-) | CM(1)

気晴らしにクッキング教室 

家で仕事をするようになり、意識しないと人に会わない。
少しは外に出よう第一弾としてクッキング教室へ少し行くことにした。
少しである。コースで受ける経済的余裕は今はない。
いずれいくらでも受けられるぐらいになることを期待しつつ、今回は2回だけ。

まずはお試しで「ミートグラタンとパン」を作った。
すごくおいしかったので、2回だけ行ってみようと決めた。
お試しの時のはこちら↓
IMG_1188.jpg
ミートグラタンもパンも両方が最高でした。
また作りたいと思ったメニューです。
というわけで2回行こうと決めたうちの1回目はこちら↓
IMG_1211.jpg
5品なのですが、分かるでしょうか。中華です。
でも、肉まんは皮が途中で破けて汁が漏れました…。
油淋鶏のサラダ(左)が私は一番気に入りました。

次が最後だけど、何に参加しようかなっと。
[ 2017/11/29 19:58 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

電車内で化粧をする女性について 

私は女だけど大反対なのが「電車で化粧する女性」。

先日、電車内で化粧する女性を擁護するのに「女性差別だ」とか言い出す変な論調の記事を見かけた。
「なんでもかんでも“女性差別”を出せばいいと思うな」と言いたい。

私は「みっともない」というだけでなく「迷惑」だから反対する。
本当に迷惑。

通勤電車で私の横に座る女性がファンデの粉を撒き散らす。
マスカラなんて、本人だけが失敗してる分には結構だが、
揺れがひどくて他の人のコートやスーツに付いたらどうするつもりか。

それなのに「女性の権利」をふりかざすのはお門違い。
小池都知事が希望の党の大敗を、ケネディ元駐日大使に向かって「ガラスの天井」を感じたと、
女性差別を引き合いに出した時ぐらいお門違いだ。

反対派が「みっともなさ」を感じるのも理解できる。
身だしなみは男女を問わず、家で整えて外に出るものだ。

私が読んで冗談じゃないと思った「電車内で化粧をする人を擁護する記事」では、
「会社には化粧をして行くのがマナーだから、時間のない朝に車内で化粧するのは仕方ない」というもの。

読んであきれた。

「会社の人に対して失礼」ならば、車内の乗客に対しても失礼なのだ。
「その日しか会わない人ばかりだから良い」わけではない。
そもそも車内の迷惑行為は、
「その日しか会わない奴らはどうでもいい」
という根性から発生していることが多い。そういう人が化粧して何になる?

「時間がない朝」は、早起きすることで解決できる。
出勤のために早く起きなければならないのは他の女性も同じだから、「起きられない」は理由にならない。
たとえば「生理」という本人に抗いようのない女性特有の体調の話とは全く違う。
それだって下手すると会社で理解してもらえず苦しんでいる女性はたくさんいるのに、
「起きられない」は、車内で化粧をする理由になりません。

起きられない理由を「病気で…」という人も中にはいるかもしれないが、
単に気合の問題という場合が大多数だと思う。

基本的にだらしない人が車内で他人の迷惑を考えず堂々と化粧をして、
自分の知ってる人たちの前でだけバッチリメイクをする。
悪いが、そういう女性は化粧してもきれいにはなっていない。
中身がだらしないからです。
例えば、これまで私に迷惑をかけた女性たちのメイク道具は本当に汚い。
顔をキレイにしたいなら、道具をキレイにしろ、と言いたくなる。

そういうわけで、「他人に迷惑じゃない」と思ったら大間違い。
実害がないものでさえ、マナーとされている。
「車内で携帯電話で話すな」というルールは、「声がうるさくて迷惑だから」という理由であり、
だから誰かがケガをするわけでも、服が汚れるわけでもない。
でも精神的に苦痛なのだ。

私も「化粧をする女性」の無神経さと、化粧の粉が飛んでくるかもしれない恐れと、
化粧道具の汚さを見て気分が悪く、非常に苦痛である。

海外では、国によっては「人前で化粧するのは娼婦の客引きのサイン」というのもよく聞く話で、
つまるところ、おすすめできる行為とは言い難い。

散々いろいろ思った挙句、私は人前で化粧をする女性を見ると、最終的には
「ああ、彼女たちは可哀想に、親からそういう教育を受けなかったんだ」と思う。
公の場で化粧しない女性も大勢いる(いや、ほとんどがそうだけど)わけだから、
彼女たちは「なぜ人前で化粧しない女性がたくさんいるのか」を少し考えてみたらいい。

なぜ批判の対象なのか、それは迷惑だから。
不快なだけではない。何度も言うように実害があるからです。

だから混んでいる車内に食べ物を持って入って来る奴も私は嫌いです。
ジュースがこぼれて、他人の靴や服を汚したらどうする!バカ者!
と言いたい。

車内は…まあ、難しいですね。
いろんな意見はあるでしょう。
でも、つまり以上のことから、私は反対なのです。
本当にこっちはヒヤヒヤする。やめてくれ。
[ 2017/11/29 19:19 ] ひとりごと | トラックバック(-) | CM(0)